ご臨終から葬儀の流れ

ご臨終

・医師による死亡判断。
・近親者・親族・友人・知人へのご連絡
・葬儀社への連絡を行い、遺体の輸送依頼。本寺院・神社・教会へのご連絡。
(突然死や事故死などの場合は、警察の検視を受けて下さい。)

ご遺体の処理と搬送

・ご遺体の清拭、衛生処理
・こちらでは、末期の水(死に水)をとる。ご家族も一緒に行っていただきます。
・病院で亡くなった場合は、ご自宅(または葬儀場)まで搬送致します。
・ご家族には、担当医・看護婦の方へのお礼ご挨拶。
・ご自宅の場合は、お布団などの準備をしていただきます。

家族でのお打ち合わせ

・喪主を決めていただきます。
・葬儀の形式、規模、費用について家族でご相談下さい。
・会葬者の連絡先を確認する。
・遺影(お写真)をお選びいただきます。
・手元必要資金を準備していただきます。
・死亡届けをお書き下さい。

遺体の安置

遺体の安置、枕飾り、僧侶の枕経。

・寺院、神社、教会などの関係者と葬儀のお打ち合わせを致します。
・戒名についてのお打ち合わせもいたします。
・ご近所や会社関係の方へのご連絡。

ご葬儀のお打ち合わせ

・なにか不明な点や、疑問点がございましたら、すぐ担当者へご質問下さい。
・故人の意志や家族の要望をお伺いし、規模などを決定致します。
・生花葬・音楽葬など、葬儀の演出がある場合は、お早めにご連絡下さい。
・寺院へのお布施・通夜などの食事の人数や予算をお決め下さい。

納 棺

・ご家族、遺体状況、宗派などに合わせて行います。

・故人の旅立ちの衣装の準備、湯灌などを行います。
・納棺するとき、このときの故人の愛用品など入れてあげます。

通 夜

・供花や供物などの順番をお決めします。
・僧侶へのお礼の挨拶やお見送りを致します。
・お香典の回収。

ご葬儀、告別式

・弔電の順番などを決め、氏名の横にふりがなを打ちます。
・位牌は喪主、遺影写真は○○など、お決め下さい。
・棺を持つ人を4人~6人を決めておく。

出 棺

・遺族、親族が遺体と対面し、最後の別れを致します。

火葬・拾骨

・喪主が先頭になって移動いたします。
・火葬証明書をお受け取り下さい。(分骨する場合は、その数だけ火葬場から発行してもらいます。)

還骨法要 ※地域によって異なります。

・ご自宅に遺骨を安置いたします。「後飾り壇」は、49日の忌明けまで飾っておきます。